1か月くらいの冬季休暇を考える

久しぶりに冬らしい気候になりました。
そのため、気温がぐっと下がり、それに伴い、身体の動きも幾分鈍くなったような気がします。

冬は身体を養生する季節とも言われています。
しかし、現代人は季節に関わらず、年中同じように生活しています。

もし、冬眠する動物のように春から秋までしか活動しないとしたら、世の中はどうなってしまうのでしょう。
もしかしたら、それが当り前だとすれば、それが不自由だとは感じないのかもしれません。

多くの人が一度に休暇を取る時期は年末年始です。
毎年、多くの人が休みますが、それが当り前だと思っていますし、特に不自由だと感じることもありません。

この期間がもっと長いだけだと思えば、それも当たり前に思ってしまうのかもしれません。
1か月くらいは休暇を取ることができれば、もっと身体を養生させることができるでしょう。

日本は休みが少ない国です。
しかし、今後は生産性を高めるためにも、仕事の時間を増やすのではなく、休日を増やすことが大切になってくるのかもしれません。マンゴー通販は、激安で購入ができます

寡婦って未婚はダメなの?

寡婦について。
年末調整で毎回気になるのが、寡婦の欄です。
離婚、死別で再婚してないと控除されるのに、未婚はダメとは、如何なものでしょうか?
未婚も相当大変な思いで子供を育てて来ているのに。
世間一般的には、未婚=不倫の末、出産。
ですかね?
全てがそうとも限らず。というのは皆さん承知かと思いますが、本当にそうではないのです。
地方によっては、みなし寡婦制度というものがあり、医療費や他の補助の面で考慮してくれる所もあるようですが、それでは問題の解決にはならないのです。
税法上で認めてくれないと、大学を卒業し、県外で働き、何年かは経済的に親子共々苦しい状況です。
少しのやりくりも必死です。これは自分が選択して未婚で子供を産んだのだから仕方の無い事ですが、だからこそ、何か良い案は無いかと考えると、その一案として、寡婦の死別、未婚の区切りで毎年切なく思います。
今年も例外なく切なく思い、税務署の方が最初間違い、寡婦に丸を付け、自ら「未婚なんで付きませんよ」と訂正までしてしまう有様。来年は見直しされてます様に。www.chinainnercity.com