1か月くらいの冬季休暇を考える

久しぶりに冬らしい気候になりました。
そのため、気温がぐっと下がり、それに伴い、身体の動きも幾分鈍くなったような気がします。

冬は身体を養生する季節とも言われています。
しかし、現代人は季節に関わらず、年中同じように生活しています。

もし、冬眠する動物のように春から秋までしか活動しないとしたら、世の中はどうなってしまうのでしょう。
もしかしたら、それが当り前だとすれば、それが不自由だとは感じないのかもしれません。

多くの人が一度に休暇を取る時期は年末年始です。
毎年、多くの人が休みますが、それが当り前だと思っていますし、特に不自由だと感じることもありません。

この期間がもっと長いだけだと思えば、それも当たり前に思ってしまうのかもしれません。
1か月くらいは休暇を取ることができれば、もっと身体を養生させることができるでしょう。

日本は休みが少ない国です。
しかし、今後は生産性を高めるためにも、仕事の時間を増やすのではなく、休日を増やすことが大切になってくるのかもしれません。マンゴー通販は、激安で購入ができます